読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松の日々

ふっと浮かんだことを書きます

おすすめ2・最近のライトノベル

松です。
おすすめライトノベル第一段、鮮血のエルフに続いて、第二段を紹介したいと思います。

この記事でおすすめする作品はこれ

海を渡った先にある大国と、島国【八州】との戦争が終結して20年。
昭和101年の夏、戦争の爪痕が色濃く残る町【尽天】では、残存する暴走兵器から身を守りながら、多くの人が生活していた。
そんなある日、少女叶葉は廃材を回収するため、放置された軍の工廠を探索。運悪く暴走兵器に襲われてしまうが、そこで棺に眠る少年を見つける。
一時的に少年の指揮官となった叶葉は、少年の尋常ならざる力のお陰で危機を免れる。
少年は、八州軍最強の兵器《鬼虫》の《蜂》と名乗った。彼は兵器ゆえに感情が欠如していたが、叶葉はそんな彼を一人の人間として扱い、徐々に心を通わせていく。
しかし、同じ鬼虫の生き残り《蜻蛉》の飛来によって事態は急変し――
廃墟の町を舞台に、最強の兵器たちが繰り広げるノンストップ・アクション!

ここまでがあらすじです。

この作品の見所は、昭和の日本の様な世界観での鬼虫たちの戦いと懸命に生きる人たちの思いだと思います。
《蜂》の少年が素直で純真な叶葉と共に歩み、失った心を取り戻していく様子には必ず感動します。
また、終戦によって存在意義を無くした兵器である少年が、新たな居場所と大切な人を見つけ、それを守るために戦うという展開は、とても熱い!
くわえて圧倒的な迫力で描かれる戦闘シーン。
それぞれの人物の感情が痛いほど伝わってくる文も多くあり、何をとってもとても完成度の高い作品です。
既刊は7巻+短編集が1巻です。電撃文庫さんの本棚に立ち寄って、手に取ってみてはいかがでしょうか。
それではこの辺りで失礼します。